最後まで安心は禁物!賃貸契約書にサインする前の確認事項

賃貸契約書へのサインは同意の証

賃貸契約書にサインをしてようやく望み通りの物件が借りられると考えて、不動産会社に促されるままにサインをしてしまう人はよくいます。しかし、サインをする前に確認すべき点をしっかりとチェックしておかないと失敗してしまう可能性があります。それまでどのような話をしてきたとしても、賃貸契約書に書いてあることが真実であり、そこにサインをしたら認めたことになるのです。もう後戻りはできないという認識を持ってサインをしましょう。

契約内容と費用の確認が第一

賃貸契約書にサインをする上で最も確認が必要になるのが費用です。家賃や初期費用が言われていた通りになっているかを確認しましょう。何らかの都合で変更が加えられている場合もあります。必要と言われていなかった費用が登場している場合もあるため、無駄に費用をかけないために欠かせない点として第一に確認しましょう。クリーニング代や鍵交換代はよく追加される費用であり、それまで言及されていなかった場合には理由も聞いてみるのが大切です。

確認しておきたい退去時の義務

賃貸契約の際には重要事項説明が行われますが、その内容についても確認が大切です。特に注意する必要があるのが退去時の義務であり、よくトラブルになる原状回復の内容について確認を行っておきましょう。明確にされている場合にはその通りに行わなければならないため、不満点がある場合には最後の交渉のチャンスです。ここで確認しておかないと退去時まで見ることがない可能性が高いため、必ず確認して納得してからサインをしましょう。

札幌市清田区の賃貸では、エアコンやオートロック、宅配ボックスをはじめとした様々な設備が整っている物件が多く、便利で快適な暮らしに役立ちます。