工務店による注文住宅の家づくりの最初の流れについて

最初はプランの作成を行う

注文住宅の場合は、最初の段階でプランを工務店の担当者と一緒に立てるという作業が必要になってきます。工務店によっては、最初のプラン提案を無料で行ってくれるところと、有料のところがあります。プランの打ち合わせは、営業担当者や設計担当者の場合など工務店によってさまざまです。プランを依頼する際には、しっかりと理想とする住宅の内容を工務店側に伝えるということが大事になってきます。例えば、雑誌の切り抜きを利用したり、ノートにまとめるなどしてプランを依頼すれば、相手にもうまく伝わるということが言えるでしょう。

注文住宅の見積もりを依頼する

注文住宅のプランが決定したら、次に見積もりを依頼することになります。通常は、設計も施工も一つの工務店で一括して請け負うことになりますから、使用する材料や作り方がある程度決まっているので、工事費の見積もりもすぐに出されることが多いです。しかし、見積もりの項目がだいぶざっくりと立てられるとわかりにくい場合がありますから、疑問に思うことは相談するということが大事になってきます。もし、見積もりを依頼する工務店が、施工だけを行う工務店の場合は、まず、設計事務所が立てたプランに基づいて見積もりを立てることになります。

注文住宅の契約を結ぶ

プランが決まり、見積もりも立てられたら、次に契約を行うという流れになります。この契約のタイミングについては、打ち合わせの前に契約する場合と、打ち合わせ後に契約する場合があります。打ち合わせ前に契約する場合は、依頼する工務店を決定するという意味合いが強く契約をした後に打ち合わせを行うことになるので、請負契約よりも費用が膨らむ可能性があります。打ち合わせ後の契約に関しては、最終的な建築費が出た後に契約を結ぶという方法で、契約後に費用が大きく変動するということはあまりありません。

注文住宅とは、クライアントが自分自身の希望を入れた建築を発注して作られた建築物です。クライアントの意向を汲んだ特徴のある建築物が多い傾向にあります。